催眠療法の良い点、悪い点

催眠療法と聞くと日頃メディアでの影響を受けているからか、私たちはあまり良い印象を持ちません。ではこの催眠療法とはいったい何なのでしょう。催眠療法とは別名ヒプノセラピーと言って安全性の高い最先端の心理療法です。芸能人の方でこれと関連したニュースが出ることがありますが、ストレスの多い環境である以上、この心理療法で心を落ち着かせたくなるという気持ちもあるのかもしれません。確かにこれに関しては一般的に知られていないものの専門的に治療する機関も出てきています。効果に関しては向き不向きがあるとしか言えないというのが現状ですが、もし日常生活を営む範囲で支障が出るようでしたら、一度受けてみるのもいいのではないかと考えます。向き、不向きは医師との相性にもあるので病院の気になることがあったら、病院の受診を考えてみることをお勧めします。

催眠療法とダイエットの話

ダイエットは世界中でさまざまな話題になり、結局のところどれほど大変なことなのかを証明しているような話題ばかりですが、催眠療法でダイエットを成功させているという話題もありました。その場合にすべての人が催眠療法で成功しているわけではないということですが、成功している人もいるということで、科学的には証明されていないながらも、成功例があるということは、それに合った人もいるということになるのでしょう。具体的には、胃のバイパス手術で痩せる方法がありますが、催眠術でそれを行ったと感じさせるという方法で成功している人たちもいるということですが、そうなると実際に意識がもう食べられないという状態を作り出すので、たくさん食べるような行動はしないということになります。自己暗示でそのようにすることもできるかもしれませんが、確かにこれは効果があるのかもしれません。

催眠療法とダイエットと意識の問題

催眠療法ダイエットということでは、潜在意識にさまざまなダイエットにプラスになることを信じ込ませて、それで建材意識をコントロールして、食べさせないという状態にするということですが、催眠状態を完全にするということではなく、その人の意識をダイエットに都合が良いように信じ込ませるということで意識改革をしてダイエットをさせているということになります。結局は食べるか食べないかということで、太るか太らないかが決まってきますが、意識の問題ということになります。食べなければ我慢ができないので、それで食べてしまうのですから、それを食べないように信じ込ませることで、その人を納得させられれば、効果が期待できるということで、その部分だけ変えることができれば、ダイエットの効果も高まるということになります。これは暗示ということでも自分で効果的な方法も見つけられるかもしれません。